未来で可能な5Gの展望

遠隔医療の実現

複雑な作業が可能になる5G

4Gより複雑な作業が可能になるのが5Gで実現します。
通信速度が速くなるだけなく、同時に複数の端末を動かす事が出来るからです。
複数の端末を使用できると、一人で同時に複数の作業が出来るようになります。

例えば眼鏡に装置をつけると、子供が迷子になっても捜索が簡単に出来る事が可能です。
家電につけて携帯などから操作を離れた場所から出来るようになります。

ライブ会場やスポーツの観戦でオペラグラスより臨場感のある画像を送る眼鏡と連動する未来が期待されているのです。
趣味の幅が広がり現場で迫力のある映像を離れていても体感できます。
大勢の人込みでも干渉されずに通信が出来るのが5Gの特徴であり、実現が期待されているポイントです。

医療や車載以外にも使える機能

他の電波に干渉されにくい5Gは医療の現場や車載のGPSと連動するだけでなく、多くの利用価値が期待されています。
身近なところでは家電製品や自宅のセキュリティーに使用する事です。

離れたところから家電やホームセキュリティーを確認したり作動できます。
留守中の家族の安否やペットの様子をリアルタイムで確認する事が簡単に出来るようになるのです。

東京オリンピックに合わせて実施が期待されている5Gは運用当初は4Gと切り替えが出来る端末や通信機器が予定されています。
安定した通信が複数の端末で出来たり、精密な作業を得意とするのがこの通信サービスの特徴です。
海外ではごみ収集のサービスに活用するなどすでに日常で利用されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る