未来で可能な5Gの展望

自動車事故の回避

医療に活用

離島に代表される医師が常駐していない地域や、総合病院などが無い場所に患者が5Gのメリットを活用して医療が受けられます。
医師の代わりにロボットが離れた病院にいる医師の遠隔操作で、手術を行えるようになるのがこの通信サービスの特徴です。

患者の輸送が厳しい場合や緊急の対応が必要な場合に、この通信が使えるとかなり役に立ちます。
端末についているカメラで患部を確認しながら医師は医療ロボットを操作するのです。
4Gだと画像が見にくい細部を確認できるようになります。
医療用ロボットなど複数の端末が使えるのはかなり画期的な機能であり、早期の登用が望まれているのです。
医師不足が問題になっているので、その解決につながります。

危険な場所や高所での作業

大雨で土砂崩れが発生した場所や地震で崩れた場所は、人が立ち入るとかなり危険です。
5Gだとドローンと別の携帯端末を接続して、現場の画像を対策本部や事務所に送るなど様々な作業が可能になります。
救済活動や現場の状況を遠隔で安全に確認できるのが大きなメリットです。

4Gだと画像が荒くなったり、複数の通信端末を同時に連携する事がかなり難しい場合があります。
近い未来に実現する予定の5Gだと可能な作業が増えるので便利です。
災害の救助活動が早くなったり、作業をする方が二次災害にあうのを防ぎます。
上手く活用すると現在起こっている二次災害を防いだり、多くの危険な場所に近寄らずに状況を把握できるメリットと特徴があります。






この記事をシェアする
TOPへ戻る