未来で可能な5Gの展望

これから発売される5Gで可能な内容と展望

人間の目の代わりになる

将来的に期待されている5Gは、自動車と連携すると現在より交通事故が減る可能性があります。
渋滞の状況がデーターとして送られ、空いている道へ誘導したり車の故障を察知して大きな事故を防ぐ事が可能です。

現在より安全に運転が出来るようになり、歩行者や自転車の方が巻き込まれる事故が減る期待が出来ます。
近い未来に5Gを利用して車の自動運転が実現すると、交通渋滞の緩和だけでなく工事事故による怪我や死亡が減少できるのです。

体に障害がある方が運転をする事が出来るので、行動範囲が広がり利便性が見込めます。
高齢者の方が不安なく車に乗れるようになるので、5Gの早い導入が期待され複数の端末を繋ぐ事ができる特性が活きる特徴です。

ドローンと連携した調査活動

地震や土砂崩れなどの自然災害や、火災そして耐震などの住宅調査をするのに、現場によっては人が入れないもしくは危険なケースがあります。
5Gが運用されると小型カメラを搭載したドローンなどの端末と連携して、現場の様子が離れた場所にいても可能です。

ドローンだけでなくこの通信サービスが利用できる端末を接続をして、現場の確認に必要な撮影や作業が可能になります。
復旧をしたり急ぎの工事で必要なトラックを、一人が遠隔で複数台操作するなど4Gより多機能な操作が期待されているのです。
立ち入るのが危険な場所に行かずに済むので安全性が高くなるだけでなく、災害の救助や復旧作業に必要な人数を極力減らして効率よく作業が出来ます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る