5Gが可能にしてくれる未来

未来で可能な5Gの展望

これから発売される5Gで可能な内容と展望

近い未来に予定されている5Gは第五世代の携帯電話を意味します。 現在販売されている多くの携帯が4Gと言われる第四世代であり、その性能の違いが注目されているのが特徴です。 次世代携帯と現行モデルとの違いや予想される機能が、発売前から注目されています。

次世代の携帯

現行の4Gより高速通信規格が予定されている5Gが実現すると、いくつか考えられる進化があります。
例えば通信速度が今より早くなる事で、ネットワークの活用するジャンルが増える予定です。

次世代の携帯通信に実施される計画がある5Gが実現すると様々な変化が想定されます。
自動運転カーと連携して道路状況を自動車に伝達し足り、車体の異常を知らせて安全に走行する事が可能です。

土地や建物の調査に便利なドローンを活用しやすくなります。
人が立ち入ると危険な場所を撮影したり画像を送る事が出来るようになるのです。

5Gが実現すると離島や病院が近くに無い地域の患者を、都市部など離れた病院にいる医師が遠隔で医療専用ロボットを使用して手術が出来ます。

複数の電子機器を同時に操作する事ができるようになるで、一人の人物が同時に何台もの自動運転が可能な車両を近い未来に操作ができるのです。
輸送や災害の復旧を行う現場で作業員が少ない時に役立ちます。

現在使用されている4Gと使い分けをしたり、新しい機器が販売される予定です。

現在より安定して複数の作業を行える5Gは、車の自動化や医療の現場だけでなく農業や高所での作業を簡単にする事が期待できるのです。
携帯や小型の電子機器でイベント会場での迷子を減らしたり、家電と接続して外出先から遠隔で操作するなどの使い方が考えられます。
小型カメラと連携して高齢者や子供そしてペットなどの様子を外出先から見守る事が可能です。

自動車事故の回避

5Gが導入されると現在起きている自動車事故が減る可能性があります。 道路の混雑状況を感知したり、他の車と事故になるのを防ぐ事が可能です。 突然起きる車の故障がわかるので、大きな事故になる前に素早く対処出来たり、自動運転が5Gが実現すると近い未来に走行できます。

遠隔医療の実現

医師が近くにいない地域の患者に、遠隔地にいる医師が診察や手術をする事が5Gで可能になります。 送られて来る映像を確認しながら医療ロボットを、離れた場所にいる医師が操作して手術出来るのがこの通信の特徴です。 病院が無い地域への対応が出来るので医師や患者の負担が軽減できます。

TOPへ戻る